HOME > OEM・原材料・肌分析 > 原材料 一覧 > プロピオフィズス > プロピオフィズス詳細情報

プロピオフィズス 詳細情報

  • DATA- 1 腸内ビフィズス菌の増殖効果

  • DATA- 2 便秘・下痢症に対する効果

  • DATA- 3 腸内で働くことの証明

DATA-1
腸内ビフィズス菌の増殖効果
概要

8人の健常者に14日間プロピオフィズスを摂取させた

結果

腸内のビフィズス菌が5倍以上に増えた。ビフィズス菌のみ選択的に増やすプロピオフィズスには、高い腸内環境改善効果が期待できる。

出典:欧州 スカンジナビア消化器学雑誌(1999年 bougleら)

DATA-2
便秘・下痢症に対する効果

60人の下痢/便秘症の被験者に8週間プロピオフィズスを摂取させた。
定期的に、腸内環境や腹部の不快感などに関するアンケートを行った。

概要
結果

下痢症/便秘症の改善が得られた。
改善効果は一回目のアンケート(20日後)より確認され、8週間後に被験者の約8割が高い改善効果を得たと回答した。
ビフィズス菌のみ選択的に増やすプロピオフィズスには、高い体感効果が期待できる。

出典:STANDA LABORATORY試験

DATA-3
腸内で働くことの証明

プロピオフィズスを摂取した健常者の糞便に対してDNA解析(リアルタイムRT-PCR法)を実施し、プロピオフィズスが代謝を行う際の関連酵素に係わる遺伝子発現を観察した。

概要
結果

プロピオフィズスの摂取によって、腸内でプロピオン酸菌が生きて代謝している(遺伝子が発現している)ことが確認された。ビフィズス菌を増やす物質が腸内で作られていることを証明するデータである。
プロピオフィズスは、いきて腸に届くだけでなく、しっかり腸内で働くことがわかっているプロバイオティクスである。

出典:第二回 国際プロバイオティクス会議(2004年9月)