top of page

環境と共存し、健康を叶える企業でありたい。

だから、森と大地と人が、私たちのシンボルマーク。

原材料事業

エビデンス重視

機能性食品の原材料は、研究データが豊富にあり、健康への効果のメカニズム・科学的な裏付けがされていることを重視しています。

信頼性・安全性

研究者や研究所の信頼性が高いことも重視しています。また、長い食経験に裏付けされた高い安全性も重視しています。

argan.JPG
価値ある生産活動

地域社会の活性化、雇用創出、自然環境の保護など、社会的価値のある生産活動によって作られている素材をより広めることにも重視しています。

OEM事業

ファブレスであるにもかかわらず、機能性食品や化粧品のOEMの要望が多いのか。それは、私たちが提供するものは「製造」だけではなく、企画開発・素材選出・設計・生産・検品・品質チェック・運用管理など様々な要素を提供するためです。

肌分析受託事業

ヒト皮膚組織 EX-VIVO分析試験 (仏 バイオイーシーラボラトリー社 提供)の機能性化粧品の判定に用いる試験方法には、写真などを用いた「形態学的評価」と、細胞組織を用いた「組織学的評価」があります。「EX-VIVO分析試験」は、生きたヒトの皮膚組織を用いる、再現性の高い組織学的評価サービスです。

医療機関専売

​サプリメント・

化粧品

​販売事業

Medi Nutrienceシリーズ は、長年の原料販売・商品開発で培った知識技術を結集し、医療機関向けに開発したサプリメントのラインナップです。

Medi Cosme Nutrienceシリーズ は、2021年1月発売開始した化粧品のラインナップです。

excellent serum_youki.png
arganpureserum.png
UVチューブ.png
221021yuyu.jpg

高級美容サプリメント
​【悠々美的】
​個人向け通販事業

お知らせ

2024年

第7回美容・健康食品EXPO(COSME WEEK東京)に出展します

=======

会期:2024年1月17日(水)~19日(金)

時間:10:00~18:00(最終日のみ17:00まで) 

会場:東京ビッグサイト 東4-6ホール

ブース位置: 23-30

公式サイト: https://www.cosme-week.jp/tokyo/ja-jp/visit/inb.html
=======

 

※入場には、来場事前登録が必要です。登録はこちらから↓

美容健康商品EXPO.png

2023年

食品開発展2023に出展します

=======

会期:2023年10月4日(水)~6日(金)

時間:10:00~17:00

会場:東京ビッグサイト西1・2・4ホール&アトリウム

ブース位置:西2ホール 2-063

​公式サイト:https://www.hijapan.info/

 

※入場には、来場事前登録が必要です。
=======

<企業プレゼンテーション>

①10月4日(水)13:30~13:50(PK会場)

発表原料:メロングリソディン
『ペットにも“メロングリソディン”!犬・猫での研究結果を紹介』

>>大反響のペット向けエビデンスをご紹介します。

②10月5日(木)15:00~15:20(PK会場)
発表原料:ヒフワンステム
『【独自食品原料】幹細胞を活性化する“ヒフワンステム”のヒト試験・最新情報』

>>筋肉に関する新データを初お披露目!

 

③ 10月6日(金)11:00~11:20(PK会場)
発表原料:オレアビータ
『【機能性表示受理】“オレアビータ”のミトコンドリア活性化とダイエットのヒト試験結果』

>>2023年3月機能性表示受理!

2023年

健食原料・OEM展2023に出展します

=======

日程:2023年4月25日、26日(火・水)

開催時間:10:00-17:00

会場:東京国際フォーラム ホールE(1)

ブース位置:A07・08

​公式サイト:https://www.healthfoodexpo.jp/
=======


<企業プレゼンテーション>

①4月25日(火)…10:20~10:50 セミナー番号 F01(第4セミナールーム)
発表原料:ヒフワンステム
『国内新開発!幹細胞アンチエイジング素材「ヒフワンステム」の安全性と有効性を一挙公開!』

 

②4月25日(火)…15:40~16:10 セミナー番号 G08(第5セミナールーム)
発表原料:メロングリソディン
『世界45カ国・1万人以上のドクターが採用、1日10万食の大人気素材「メロングリソディン」が選ばれるわけ』

>>機能性表示受理済

 

③4月26日(水)…12:20~12:50 セミナー番号 L04(第5セミナールーム)
発表原料:オレアビータ
『ついに機能性表示受理!「オレアビータ」のミトコンドリア活性&ダイエットの臨床試験紹介』

>>2023年3月機能性表示受理!

④4月26日(水)…15:40~16:10 セミナー番号 K09(第4セミナールーム)

発表原料:AC-11

『育毛の注目素材!FDAで受理されたDNA修復を促す「AC-11」のヘアサイクルの改善効果』

2023年

「オレアビータ」機能性表示食品の届出受理!

弊社取扱い素材の「オレアビータ」について、かねてより取り組んでおりました脂肪燃焼に関する機能性表示届出が受理されましたことをご報告させていただきます。

オレアビータは、ミトコンドリア機能を改善するメカニズムと、脂肪からのエネルギー産生を増大させる効果および体脂肪を低減する効果がヒト試験で確認されています。ダイエット対策原材料として商品開発や販売に是非ご検討ください。

届出内容

●商品名 :オレアビータ

●機能性関与成分: オレアノール酸、オレウロペイン

●届出表示:本品にはオレアノール酸およびオレウロペインが含まれます。オレアノール酸およびオレウロペインは、身体活動時での脂肪の消費を助けることで、肥満気味の方の体脂肪の低減に役立つことが報告されています。

●届出番号:H1099


※詳細についてはこちらをご覧ください。

2022年

第8回アフリカ開発会議にて ヒフワンステム®が紹介されました

去る8月27、28日に北アフリカのチュニジアで開催されました日本政府が主導する第8回アフリカ開発会議(TICAD※8)の公式サイドイベント:“日本・アフリカサイエンスイノベーションウィーク”において、弊社の製品『ヒフワンステム®』が、産官学連携の国際研究プロジェクトSATREPS(サトレップス)の成功モデルとして紹介されました。

本プロジェクトは“エビデンスに基づく乾燥地生物資源シーズ開発による新産業育成研究” をテーマとした、外務省の対チュニジア開発協力方針に基づく戦略的な開発課題の一つとして実施された産官学国際共同研究プログラムです。

 

プロジェクト研究代表者の筑波大学 礒田教授は、講演の中で、ヒフワンステム®が商品化され、日本の消費者に届けられて行く過程で、チュニジアに新たな企業が生まれ、本プロジェクトで育成されたチュニジアの若い研究者が巣立っていったことを例に挙げ、当初の目的でもあった、現地雇用創出~現地の資源植物を用いた高付加価値商品の販売までの一連のバリューチェーン(持続的バリューチェーン)の成功モデルとして、報告されました。

 

※TICADとは:Tokyo International Conference on African Developmentの略。アフリカの開発をテーマとする国際会議。1993年以来、日本政府が主導し、国連、国連開発計画(UNDP)、世界銀行及びアフリカ連合委員会(AUC)と共同で開催している。

2022年

食品開発展2022に出展します

=======

日程:2022年10月12日(水)~14日(金)
開催時間:10:00-17:00
会場:東京ビッグサイト西1・2ホール&アトリウム
ブース位置:西2ホール 2-063
公式サイト:https://www.hijapan.info

=======


<企業プレゼンテーション>

①10月12日(水)…16:00~16:20 (PK会場)
発表原料:オレアビータ ★初報告★
「最新情報! ミトコンドリア増殖・活性化によるオレアビータ®のダイエット臨床試験&機能性表示への対応」
>>新たなダイエット臨床試験の効果と、機能性表示の最新情報をお伝えします。

②10月13日(木)…16:00~16:20 (PJ会場)
発表原料:メロングリソディン ★初報告★ 
「新知見! 抗酸化酵素を誘導する『メロングリソディン®』のロコモ・関節痛・骨代謝・筋肉に関する最新臨床試験!」
>>順天堂大学との共同研究で新たに確認された、抗ロコモ効果をご紹介します。

③10月14日(金)…11:30~11:50 (PJ会場)
発表原料:ヒフワンステム ★新原料★
「生体内の幹細胞を活性化する、新規食品原料『ヒフワンステム®』!ノーベル賞で注目のHIF-1を介した、最先端の『ステムセル・アンチエイジング』!」
>>4月に上市した、幹細胞を活性化する注目の最新食品原料です。

2022年

幹細胞を活性化することでアンチエイジングを叶える新素材“ヒフワンステム®”を4月20日から開催されます健食原料・OEM展2022より販売開始いたします。

詳しい情報は、会期中プレゼンテーションにてご紹介致します。

各種資料はブースにもご用意致します。ご参加お待ちしております!!

unnamed.png

2022年

健食原料・OEM展2022に出展します

=======

日程:2022年4月20日(水)、21日(木)

開催時間:10:00-17:00

会場:東京国際フォーラム ホールE1

ブース位置:A08・09

​公式サイト:https://www.healthfoodexpo.jp/
=======


<企業プレゼンテーション>

①4月20日(水)…10:20~10:50 セミナー番号 F01(第4セミナールーム)
発表原料:メロングリソディン
『紫外線刺激から肌を守る機能性を持つ"メロングリソディン"の白斑~シミ予防改善及び保湿効果』

 

②4月20日(水)…13:00~13:30 セミナー番号 F05(第4セミナールーム)
発表原料:オレアビータ
『初報告!オレアビータの新たなダイエット臨床試験&機能性表示への対応状況』

>>新たなダイエット臨床試験の効果を展示会で初お披露目します。

 

③4月21日(木)…13:00~13:30 セミナー番号 J05(第4セミナールーム)
発表原料:BIO-EC
『実際の皮膚環境を可視化した"ex vivo"による有効性評価のご提案と新技術"Perfex vivo"のご紹介』

 

④4月21日(木)…15:40~16:10 セミナー番号 G08(第1セミナーステージ)

発表原料:ヒフワンステム ★新原料★

『幹細胞を活性化する新規食品原料『ヒフワンステム』!ノーベル賞で注目のHIF-1を介した健康・美容データのご紹介』

>>幹細胞を活性化する食品原料です。本展示会より販売開始します。

2021年

年賀状取り止めのお知らせ

弊社では、かねてより地球環境保全を目的とした取り組みを推進しております。

その一環といたしまして、今年度より年賀状によるご挨拶を控えさせていただくことと致しました。

誠に勝手とは存じますが、何卒ご理解を賜りますとともに、今後とも変わらぬお付き合いのほど、よろしくお願い申し上げます。

2021年

幹細胞を活性化する新素材“ヒフワンステム™”発表!

幹細胞を活性化することでアンチエイジングを叶える新素材“ヒフワンステム™”を10月6日から開催された食品開発展2021にて初お披露目しました。

 

本素材は、筑波大学・海外の研究機関との共同研究プロジェクト『SATREPS(サトレップス)』での10年以上の研究から、北アフリカの固有品種のオリーブ葉に含有する成分がHIF-1※を増やすことで、幹細胞を分化誘導する効果を見出し、食品素材として、製品化を進めています。

当社および筑波大学との共同研究の中で、造血幹細胞の赤血球への分化促進の他、血管新生、血管機能維持といった、血液・血流・血管を改善する効果、皮膚組織でのHIF-1を増やし、基底膜のアンチエイジング効果を示すデータが確認されています。

 

上市については、来年の春以降を予定しております。

詳しい情報については、随時ご案内予定です。

 

※HIF-1:2019年にノーベル賞を受賞した「細胞の酸素利用度の感知と応答の仕組みを解明」の研究で見つかった注目の生体内タンパク質。

様々な生理活性が期待されており、低酸素等の環境下で、HIF-1が増えると、幹細胞の分化が促される。また、HIF-1は幹細胞の維持に必須とされている。

2021shokuhinkaihatsuten.jpeg
hif-1stem.jpg

2021年

「メロングリソディン」機能性表示食品の届出受理!

弊社取扱い素材の「メロングリソディン」について、かねてより取り組んでおりました肌への機能性表示届出が受理されましたことをご報告させていただきます。

紫外線対策原材料として商品開発や販売に是非ご検討ください。

届出内容

●商品名 :メロングリソディン

●機能性関与成分: メロン由来SOD(スーパーオキシドジスムターゼ)

●届出表示:本品にはメロン由来SOD(スーパーオキシドジスムターゼ)が含まれています。メロン由来SOD(スーパーオキシドジスムターゼ)には、紫外線刺激から肌を保護するのを助ける機能性が報告されています。

●届出番号:G447


※詳細についてはこちらをご覧ください。

スローエイジング
bottom of page