HOME > OEM・原材料・肌分析 > 原材料 一覧 > ヒフワンステム

ヒフワンステム.jpg

ヒフワンステム

名称
  

ヒフワンステム® HIF1STEM®

規格書(PDF)準備中
原材料表示例
  

オリーブ葉抽出物(国内製造)、デキストリン

機能性成分

オレウロシド、オレウロペイン

概要

ヒフワンステム®は体内のHIF-1を増やすメカニズムで、幹細胞を活性化し、幹細胞レベルのアンチエイジングを実現するステムセルアンチエイジング原料です。

様々な植物エキスを研究した結果、北アフリカ原産の固有品種のオリーブ葉から抽出されたエキスに、HIF-1を増やす効果、幹細胞を活性化する

効果を見出しました。

オリーブ葉画像.jpg
幹細胞とは?
 

ミトコンドリアはヒトが活動するためのエネルギーを生産する、生命活動において非常に重要な役割をもつ細胞内小器官です。幹細胞は、分裂・増殖する能力(自己複製能)と、身体を作る様々な細胞に分化する能力(多分化能)を合わせ持つ細胞です。

加齢に伴い増殖や多分化機能が衰え、健康な細胞が減ることで、加齢による様々な衰えの要因になるといわれています。

HIF-1(ヒフワン)とは?

HIF-1とは、2019年にノーベル賞を受賞した『細胞の酸素利用度の感知と応答の仕組みの解明』の研究で見つかった注目の生体内タンパク質です。
様々な生理活性が期待されており、低酸素等の環境下でHIF-1が増えると、幹細胞の維持や分化が促されます。

開発背景

ヒフワンステム®は、筑波大学・海外の研究機関との共同研究プロジェクト『SATREPS(サトレップス)※』による10年以上の研究の中で見出された、生体内幹細胞を活性化させる研究成果をもとに、開発されました。

同プロジェクト内で2010年からスタートした研究の中で、造血幹細胞を活性化する独自の機能性をもつオリーブ品種を発見し、筑波大学 地中海・北アフリカ研究センター(ARENA) 礒田研究室とニュートリション・アクトの共同研究によって実用化しました。
 

共同研究.png

※SATREPS(サトレップス)とは:

SDGsに向けて持続可能な開発を目指す国際社会に貢献していく為に、JST(科学技術振興機構)とJICA(国際協力機構)が連携し日本の科学技術で、発展途上国の課題を解決するとともに、成果の実用化を目指す研究プログラム。

プロジェクト名:

・乾燥地生物資源の機能解析と有効利用 
・エビデンスに基づく乾燥地生物資源シーズ開発による新産業育成研究

特徴
  • 特許出願中

  • ​オーガニックオリーブ使用

  • 筑波大学 他

研究・協力機関
安全性

食品用途での安全性

  • 急性毒性試験  :マウスへLD50>2000mg/kg投与、無毒性確認

  • 亜急性毒性試験 :マウスへ2g/kg/日、28日間反復経口投与、無毒性確認

  • AMES試験    :陰性

  • その他(がん細胞増殖抑制、網膜毛細血管異常抑制、など)​

 

有害物質に対する安全性

  • 残留農薬検査、ヒ素・重金属検査の実施

使用実績

準備中